かくし味の日常

大切な人を失ったときしてほしい行動

かくし味 動画

さて今回も、人についての対応を学んでいきましょう😌🌟

1、趣味がない人は趣味を持つ

『結論』→持てないまま人生を過ごすと時間を無駄にする。

趣味を持つには、理由があります。

大事な人を失う=生きる意味を失う。

新鮮な空気を取り入れることができなければ、

人は腐っていきます。

頭の中はその人のことだけでいっぱいになり、

何も手がつかに状態は、運気まで下げる傾向にあります。

失う=また得るチャンスができる

失いを後悔するより、失いにひたることを恐れよ。

2、その人の良いとこをノートに書き出す

『結論』→見返す時間を作るため、今後の活力剤を作れ‼︎

大事な人の記憶は、決して忘れてはいけません。

ここでは、引きずる、、、ということではなくて

次のステップに行くために肥やしにする必要があるのです。

ノートに書き出す=自分を高め、思い出の箱がいつまでも残る。

記憶は、段々と曖昧になっていきます。

失ってから、早い段階で思い出を文字に起こしておきましょう。

3、未来に向ける目を養う

『結論』→本当は人生で大きな波が来ているときなのだ。早めに気づこう

この行動が、生死を分けるといっても過言ではない。

状況が大きく変化=人生で最大のチャンスが得られる瞬間の時

ここで挫折するのか、未来に向けた行動ができるのかで

また大切な人を失う可能性を広げるのか、、、

それともより大切な人ができるのか、、、

未来に向けて気づいていこう。

4、人はいずれ死ぬ

『結論』→人間は、キラキラしていなければいけない。終わりが誰しもあるのだから。

格差が様々な場面で多いこの世の中ですが、どんな人も死にます。

金銭、気持ち、地位、名誉、派閥、身分、人柄、

何を全て完璧に備えたとしても死がやってきます。

それがわかっているのだから、失った時には気づいてほしい。

『まだ先があると』

大事な人は、また何度でもできるから。

『まとめ』

1、失ったら、趣味を持とう

2、大事なことは文字に起こして保管

3、最大の波が来ている時に未来にもっと目を向けて行動しよう

4、大事な人は、またできる。

今の自分が精一杯できる未来への努力をしよう。

大事な人を失ったとしてもそれは現在進行形

未来に今よりも大事な人が待っている可能性は大いにある。

進行していることだけに目を向けずに、

もっと欲張り、どんどん未来を磨いていこう。

本当の意味で大切な人ができた時

それはしっかりとくっつき、離れることはないのだから。

先を見渡し、大きな波がきていることをお忘れなく🤒🤒

今回は、この辺で😌

コメント

タイトルとURLをコピーしました