かくし味の日常

息継ぎが上手くできずに歌ってしまう原因と沢山歌っても下手に聞こえてしまう間違った歌い方を治そう

かくし味 動画

【歌うときにいつも変な感じがする】

【なんか変に相手に聴こえているんではないかと心配になる】

歌を歌うときに1度はこのような事で悩んだ経験はありませんか?

実はこの記事で紹介する方法を実践すると誰でも簡単に練習することができます。

なぜなら僕もこの方法を実践して劇的な変化や効果があったからです。

・この記事では、歌うときに変な感じをなくして、間違った歌い方を克服するやり方をご紹介します。

・記事を読み終えると歌うことに対しての自信がメラメラとついてきます。

かくし味
かくし味

歌い方の息継ぎと間違った歌い方を克服できれば

歌への自信が少しづつ付いてきます。

僕自身も意識しているので一緒に見ていきましょう。

目次

①息継ぎが上手くできない原因と対策方法

②下手に聴こえないために間違った歌い方を治す方法

では早速①からやっていきたいと思います。

あなたは歌っている普段の時から息が足りていない、息継ぎが上手くいっていないと

思うことはありませんか?

そもそも歌っている時の状態とは運動をしている状態に近いのです。

ランニングをしていれば段々体力は無くなっていき足や腰に負荷がかかっていますよね?

それと似ている部分も歌にはあるのです。

【歌っている時】

・息の消費が激しくなる

・息継ぎで苦戦する

・喉が苦しくなる

・声が裏返る

ズバリですがこれを呼吸法によって自分自身でコントロールしていく必要があります。

かくし味
かくし味

多くの人が発声方法や肺活量が足りないと気にしがちですが

土台は呼吸法にあります。

多くの肺活量や発声方法を持っていても、知っていてもそれをコントロール

できなければ何の意味も無くなってしまいます。

先程ランニングを例に出しましたがそれとも似ています。

自分の走る距離に対してや走り方や体力をコントロールしていないと

すぐにバテてしまいますよね?

歌もそれと同じなのです。

・ではその歌の呼吸法を一緒に見ていきましょう。

【歌の呼吸方法】

そもそも呼吸法は2つ種類があります。

①胸式呼吸→浅く早い呼吸で深呼吸や寝ている時の呼吸です。

②腹式呼吸→深く早い呼吸で歌うときにはこちらを意識する必要があります。

・図解にしてみると…

https://www.m-naturally.com/whealth/1730/

・歌うときには沢山息の量が必要になるのでより息の量が沢山吸える腹式呼吸が有効です。

かくし味
かくし味

曲のテンポが速かったり、頻繁に息継ぎが必要な曲もありますが

腹式呼吸が出来てくるにつれて楽に歌えるようになってきます。

〜腹式呼吸のやり方〜

①鼻から息を5秒かけて吸う(お腹が膨らむ)

②口から息を10秒かけて吐く(お腹がへこむ)

1日数回できればベストですが

歌う前には必ずやっておくのがポイントです。

自分の中に腹式呼吸の呼吸法を自然にできるようになれば

ベストです。

・なんか上手く歌えていないなと思う時は自分の苦手な部分を無視していることが多いです。

・より深い診断が欲しい場合はかくし味までご相談ください。

次に②の下手に聴こえないため間違った歌い方を治す方法を解説していきます。

間違っているということは必ず正しい歌い方があるということです。

今回は下手に聴こえてしまわない部分のところから原因を掘り下げていたいと思います。

かくし味
かくし味

〜下手に聴こえてしまう原因と改善方法〜

①高音を歌う時に

・悪い原因

→出る範囲が決まっているのに無理矢理に声を張り上げてしまう。

・改善方法

→高音は鼻で響かせ喉に力をかけている感覚を付けてはいけないです。

②喉の状態が悪くても歌い続ける

・悪い原因

→痰が絡みやすく声を無理に出そうと喉に力が入る状態が増える。ひどくなると声帯を壊しかねない。

・改善方法

→状態が悪い時は無理に歌わずにちゃんと喉を休ませる。

③お腹以外に余計な力をかけて歌ってしまう

・悪い原因

→緊張や声が出ないなどの理由で肩周りからお腹以外の部分に余計な力が無意識 入った状態で歌を歌ってしまっている。

・改善方法

→腹式呼吸を意識しながら歌っている時お腹以外に力を入れてはいけない。

・上記の3つが主に下手に聴こえてしまう原因です。歌の上達はまずこの3つを潰してから

様々な発声方法や技術を身につけていくことが大切です。

まとめ

①呼吸方法

【歌の呼吸方法】

そもそも呼吸法は2つ種類があります。

①胸式呼吸→浅く早い呼吸で深呼吸や寝ている時の呼吸です。

②腹式呼吸→深く早い呼吸で歌うときにはこちらを意識する必要があります。

②間違った歌い方を治す方法

〜下手に聴こえてしまう原因と改善方法〜

①高音を歌う時に

・悪い原因

→出る範囲が決まっているのに無理矢理に声を張り上げてしまう。

・改善方法

→高音は鼻で響かせ喉に力をかけている感覚を付けてはいけないです。

②喉の状態が悪くても歌い続ける

・悪い原因

→痰が絡みやすく声を無理に出そうと喉に力が入る状態が増える。ひどくなると声帯を壊しかねない。

・改善方法

→状態が悪い時は無理に歌わずにちゃんと喉を休ませる。

③お腹以外に余計な力をかけて歌ってしまう

・悪い原因

→緊張や声が出ないなどの理由で肩周りからお腹以外の部分に余計な力が無意識 入った状態で歌を歌ってしまっている。

・改善方法

→腹式呼吸を意識しながら歌っている時お腹以外に力を入れてはいけない。

・この記事が気に入ったらフォローしよう‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました