かくし味の日常

歌が上手くなりたい方必見!現役ボイストレーナーが教える独学方法を解説!

かくし味 動画

『いつも歌が上手くなりたいと思うけど、具体的な練習方法がわからない』

『独学で学べてお金がかからない方法は無いのだろうか…』と悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する独学方法を実践すると、誰でも簡単に練習することができます。

なぜなら、僕も初めはこの方法で実践して劇的な効果があったからです。

この記事では、独学の方法を2つ紹介して、そのやり方をご紹介します。

この記事を読み終えると、今後独学方法で悩むことは一切なく、練習をしていけます。

かくし味
かくし味

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

僕もこの方法は取り入れて日々練習しています。


大切なのは時間ではなく『質』


・ボイトレを独学で実践していく上で 大切なのは『質』

どれだけ練習時間を増やして歌を歌ったり、ボイトレの基礎を調べて

実践していても『質』が低ければ、改善には繋がらず、時間を無駄にしてしまいます。

実際に、ボイトレなどのスクールや個人でレッスンなどを受けていない人を対象に意見を取りまとめても、

『本当にどこから手をつけたらいいのかわからない』

『音痴だから、やっても意味はないんじゃないの?』

『楽器が弾けないから、リズム感とかないし…』

このような意見が非常に多く見られました…

ここを改善するには、具体的なやり方と手順が明確であればいいわけです!

以下、ここからは質の上げ方を先に解説し、その後手順(方法、やり方)について解説していきます。


・質を上げる練習は具体的に3つだけ

①1日の練習時間は

30分でOK

(継続は必要)

②息の吸い方と

吐き方に意識をつける

③自分が最も低い声

最も高い声をはっきりと言葉で出す

この3つだけで質の改善はOK!

①練習時間は30分で区切りましょう。喉に対する負担と集中力の問題があります。

なぜなら、歌の練習において

たくさん歌って上手くなるのでは、時間と労力が膨大にかかります。

また長時間の歌唱を長く続けると喉を壊してしまう原因にもなるからです。

実際に、カラオケなどで長時間歌う人もいますが、あれは逆効果です。

その方法が間違ったものなら、その癖が染み付いてなかなか抜けなくなるからです。

僕自身も始めた時は、長時間歌い、何度も採点結果とにらめっこしました…

しかし、まず目を向けて欲しいのは時間をしっかり区切り継続してコツコツやることです。

いきなりたくさん練習したからといって身につくことはありません。

  • 次に息の吸い方と吐き方に意識をおく

ここは質を上げるためにも30分の練習のうち、最も大切な軸の練習になります。

なぜなら、ボイトレではここが中心にできているからです。

・30分の練習の中で…

ここでの10分間でやること

1、始めは息を大きく吸う

2、吸った息をお腹にため込む感覚を身につける

3、ゆっくり吐く

4、息を大きく吸う

5、素早く吐く

6、交互に繰り返す

これをゆっくり吐く方法と素早く吐く方法を10分間繰り返して下さい。

実際に、お腹に息がある感覚をしっかりとつけて歌うことと、

息の吐き方で自分の歌声をコントロールする練習ができます。

・これを交互に40〜50回を10分間1セット。

ここが歌を歌う上で1番基礎になる部分なのでここの『質』を上げるのは絶対条件です。

  • ③自分が最も低い声と最も高い声をはっきりと言葉で出す。

残りの20分間で自分の声の高低の範囲を知りましょう。

そしてはっきりと単語を言葉に出しましょう。

なぜなら、歌はフレーズ、つまり言葉でできているからです。

かくし味
かくし味

実際に、ボイトレのスクールなどは、講師が実際の発音を聴きながら、

ピアノの鍵盤を弾き『あ〜』など『う〜』など声を出していきます

それを階段のように、声を出してやる練習をします。(スケール練習)

それを担当の講師が聴きながら指摘をして改善していくのが一般的です。

しかし、独学ではそこまでする必要はありません。

自分の1番低い声と1番高い声を知って出せるようになれば同じことです。

なぜなら声の高さには個人差があります。

自分の音域(声を出せる範囲)を知ることは、自分の歌える範囲を知ることができる第1歩です。

最初の10分間で息のコントロールをやりました。

・30分の練習の中で…

ここでの15分間でやること

1、自分の最も低い声

2、自分の最も高い声

3、交互にはっきり出す
※言葉は単語でOK
(あ〜、う〜など)

自分の低い声と高い声を交互にはっきり出しましょう。

1番の目的は自分の低さと高さの声の限界を知り、はっきり言葉を出すというのがポイントです。

・これを交互に50〜60回15分間1セット。

そして残りの5分間で息を整えて、ゆっくり深呼吸してください。

深呼吸は大きく吸って吐きながらクールダウンをして下さい。

深呼吸を交互に20〜30回5分間1セット。

これが、独学でボイトレをしていく上で必ず必要になってきます。

・実際にこの3つを実践して『質』を上げると次に紹介する練習方法がより効果があります。


・効果的な独学法2つ

質の上げ方を理解したら次は本格的な練習法を知って実践するだけです。

なぜなら、質を上げる練習だけで終わってはもったいないからです。

このまま練習をやっていきましょう。簡単です。

やることは2つだけです。

実際に今でも僕自身はこのやり方を継続的に取り入れて自己練習に使っています。

・やることは大きく2つ

1、歌手が歌っている

実際の動画を見る

2、見た内容を実際に

イメージしながら歌う

ここで大切なのは実際に歌っている姿をよく観察することです。

かくし味
かくし味

自分が上手くなりたい曲の答えは、それを歌っている歌手が

1番の模範です!

ここで見るポイント3つです。

・口の動きと歌い方

・表情や表現方法

・レコーディング体制の動画がおすすめです。

この3つを見ることが大切です。

なぜなら、ここに上手くなる要素がつまっています。

実際、この歌っている本人をよく観察しないで練習に取り組んでいるケースあります。

曲を聴いて→気に入った曲の歌詞を覚えて
→カラオケで曖昧でもいいから歌う

このサイクルを繰り返している方が非常に多いです。

その曲を聴く時点で実際に歌っている歌手の姿をよく観察して下さい。

曲によっても様々な歌い方があります。

今は動画が高画質になってきているので歌っている姿は、はっきりと見ることができます。

そこをしっかりと見た上で、自分でその見たイメージや歌い方で歌うことが大切です。

実際に、これで点数が上がった人も多いです。

また点数にスグに反映できなかったとしても

歌い方や自分の表現方法は劇的に変わります。

また、なぜレコーディング体制の動画が良いのか?

それは、ライブなどよりも音質が良いものが多く歌手はマイクの前から動かないからです。

そのためよく観察してみることができます。

動画はここがオススメです!

THE FIRST TAKE
白いスタジオに置かれた、一本のマイク。 ここでのルールは、ただ一つ。 一発撮りのパフォーマンスをすること。

何度も言いますが、歌手の歌い方をよく観察して何度も確かめて下さい。

そのイメージが自身で固まってから、実際に自分で歌ってみて下さい。

やる前より必ず劇的に変わります。

自分の独学法の質を高めていきながら真似ていきましょう。


まとめ

・時間ではなく『質』を上げる練習方法3つ:

・1日の『質』の練習は30分に設定

①最初の10分間
息を大きく吸って
お腹に息をため込む感覚をつけながら、
ゆっくり息を吐く、素早く息を吐く
これを交互に繰り返す。
10分間40〜50回10分間1セット。

②次の15分間
自分の1番低い声
自分の1番高い声
交互にはっきりと声出す。

③最後の5分間
ゆっくりと深呼吸しながら
クールダウンをする。

・効果的な独学法2つ

①実際に歌っている歌手をよく観察する
特に、口の動きや表情や表現方法に注目して見る。

②自分で歌ったことを想定したイメージを頭で作る。
そこができたら、実際に歌ってみる。
※よく観察する上でもレコーディングの動画が良い。

この大きな2つだけを行っていれば、必ずその努力は報われる。繰り返しになるが、時間ではなく『質』を上げて、観察できなければ基準が定まらず成果は薄い。自分の独学法の質を高めていきながら、観察したことを真似していければ、確実に歌は上手くなります。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

https://twitter.com/@rq_ac

・この記事を書いた人

・かくし味

【自己紹介】

【20歳】

・本格的に音楽活動スタート

※シアーミュージック在籍にてボーカルやアコースティックギター指導を受ける。

その後より深くボイストレーニングを学ぶために完全個人レッスンにて指導を受ける。

【21歳】

・自分自身で指導者側になりたい想いがあった為レッスン終了。

以降独自で初心者を対象にボイストレーニング、アコースティックギター

作詞の基礎を中心に教える自主活動を開始する準備を始める。

【22歳】

・Twitterを中心にボイトレの内容を独自に発信開始。

・大学を卒業後、東証1部上場企業に就職。

・並行して初心者ギター指導【1曲弾けるまでの最短をサポート】&初心者ボイトレ講座を

ココナラにて開始。

同時に音楽専用のYouTubeを開設。動画投稿も始める。

その後東証1部上場社員を勤めた後医療関係に転職。

【23歳】

・Amazonの電子書籍にてボイトレに関する独自の書籍を初執筆

【現在販売中】※書籍詳細は下記にて記載。

http://www.amazon.co.jp/dp/B084M1TGGB 

http://www.amazon.co.jp/dp/B086J9WPXS 

また音楽以外に副業分野の挑戦を始め、

・ブログを作成

・動画編集

・電子書籍

・配信でも副業の基礎知識やボイトレの基礎を声で発信中

Stand.fmにてブログの内容を音声でも解説&収録中

動画編集を生かして別の切り抜き動画チャンネルも同時開設

かくし味 国内 国外切り抜きTV
国内、国外を中心に 幅広いトピックを切り抜いています!

【24歳】

・個人事業主をしながら副業関係の本も2冊執筆。本格的にブログと動画を伸ばしつつ

ボイトレとアコギの指導に一層力を入れている。

💡上記情報のまとめ💡

ブログ→ https://kakusiaji.com/

Twitter→https://twitter.com/@rq_ac 動画編集の依頼は→https://twitter.com/@kakusiajidensi

YouTube→【音楽用】https://www.youtube.com/channel/UC-hHr3TC0fPo8VylYuYwCAw

【切り抜き用】https://www.youtube.com/channel/UCGos8RQSpGyu-MaRJkX25Ew

ココナラ→https://profile.coconala.com/users/2039785

Stand,fm→https://stand.fm/channels/5f60d144f04555115d03022f

コメント

タイトルとURLをコピーしました